Shinichiro

記事一覧(10)

List of my publications

Selected list of recent publications:酒井信一郎. (2016). 「観光における『見ること』の組織化」酒井泰斗・浦野茂・前田泰樹・中村和生・小宮友根(編)『概念分析の社会学2』ナカニシヤ出版.酒井信一郎. (2016). 「読むことを『読む』」前田拓也・秋谷直矩・朴沙羅・木下衆(編)『最強の社会調査入門:これから質的調査をはじめる人のために』ナカニシヤ出版.酒井信一郎・池谷のぞみ・粟村倫久. (近刊). 「ワークとしての情報行動:ワークプレイス・スタディーズ:働くことのエスノメソドロジ ー』ハーベスト社.酒井信一郎. (近刊). 「組織におけるワークとデザイン」***酒井信一郎. (近刊). 「余暇とスポーツ」***Sakai, S., Korenaga, R., & Shigeyoshi-Sakai, T. (2015). Learning to become a better poet: Situated information practices in, of, and at a Japanese tanka gathering. Information Research, 20(1). (Final version from conference proceedings at ISIC 2014 at Reeds, UK)Sakai, S., Korenaga, R., Mizukawa, Y., & Igarashi, M. (2014). Envisioning the plan in interaction. In M. Nevile, P. Haddington, T. Heinemann, & M. Rauniomaa (Eds.), Interacting with objects: Language, materiality, and social activity (pp. 339-356). Amsterdam: John Benjamins.Sakai, S., Awamura, N., & Ikeya, N. (2012). The practical management of information in a task management meeting: Taking “practice” seriously. Information Research, 17(4). (Final version from conference proceedings at ISIC 2012 at Tokyo, Japan)Ikeya, N., Awamura, N. & Sakai, S. (2010). Why do we need to share information?: Analysis of a collaborative task management. In J. Foster (Eds.), Collaborative information behavior: user engagement and communication sharing (pp. 89-108). Hershey, PA: Information Science Reference.Selected list of recent conference talks:酒井信一郎. (2016). Eat later, waste less:
The practical utilization of leftover food. 日本社会学会第89回大会報告、2016年10月8日.Sakai, S. (2015) A walk in the park. Paper presented at  International Institute for Ethnomethodology and Conversation Analysis (IIEMCA) 2015, Kolding, Denmark, August 2015.Sakai, S. & Ikeya, N. (2013). On the practical benefits of visualizing tasks. Paper presented at IIEMCA 2013, Toronto, Canada, August 2013.Ebita, D. & Sakai, S. (2013) Looking for the adequate “dose": Sending an electric impulse to the patient’s body in electrotherapy. Paper presented at IIEMCA 2013, Toronto, Canada, August 2013.Sakai, S., Ikeya, N. & Awamura, N. (2010). On “benefit” of making visible: visualization in task management. Paper presented at Social Studies of Science (4S), Tokyo, Japan, August 2010.

『最強の社会調査入門』に執筆しました

しばらく前にアメブロの方で先に書きましたが、7月末より『最強の社会調査入門』が書店に並んでいます。 今春より発売している『概念分析の社会学2』に続いて、私が分担執筆した今年2冊目の本です。発行は、『概念分析の社会学2』と同じ京都のナカニシヤ出版さん。本書では、各執筆陣による自身の(多くは院生時代の)調査や論文執筆上の実エピソードが数多く紹介されています。読者が調査を自信を持って行えるよう道筋を示してあげることを主眼に置く従来の社会調査本に比べて、本書はそのような意味でイレギュラーと言えるでしょう。ですが、執筆陣は何も自身の過去の暴露本を出しにきているのではありません。社会調査とは何なのか、何をすれば社会調査になるのか(あるいは何をしたらそうはならないのか)。それを考え抜くための素材として、自身の体験や経験を振り返るという方法が採られたのです。本書が主たるテーマとする質的調査法には、マニュアル化できるような定型的なやり方はありません。定めた目標に向かって単線的に突き進むことができることはまずありませんし、そのようなやり方がよいとも限りません。そもそも定型化が可能な対象領域でもないのでしょう。だからといって、「何でもあり」や無手勝流で進められるわけでは、当然ない。本書はそのよう意味で、扇動的な本です。